2017年10月19日
50周年記念式典 盛大に開催される

9月24日(日)に 記念式典・記念講演が開催されました

福井県子ども会育成連合会が、昭和42年(1966年)11月に発足してから、今年度で50周年となりました。

平成29年9月24日(日)には、設立50周年記念式典と記念講演会が開催されました。

参加者は、500人超となり、会場がいっぱいになりました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、最初に、福井県子連 山﨑暢子会長よりご挨拶を申し上げました。


 

 

 

 

 

次に、福井県知事 西川一誠様よりご祝辞をいただきました。

公務が大変立て込んでおられる中、知事様にお出でいただき、華を添えていただきました。


 

 

 

 

 

この大きな行事の司会進行ですが、県ユース・リーダー2名が担いました。

とても堂々とした司会ぶりで、「わかりやすい」「フレッシュだ」ととても評判がよかったです。

ユース・リーダーの子ども会での活動の経験が、このような場でも生かされていました。


 

 

 

 

 

この10年の間に、福井県子連に尽力をされました3名の方々に感謝状を贈呈しました。


 

 

 

 

 

次に、

「福井県子ども会育成連合会表彰」 個人の部13名、団体の部1団体

「ジュニア・リーダー活動奨励賞」24名

の表彰を行いました。


 

 

 

 

 

続いて、来賓の方々からご祝辞をいただきました。

福井県議会副議長 大森哲男様


公益社団法人 全国子ども会連合会会長 丸山康昭様


 

 

 

 

 

この式典には、県教育長様、各市町の教育長様、全子連副会長様、東海北陸地区の県子連会長など、大変多くの来賓の方々が、30数名参列してくだいました。

心より、感謝申し上げます。

この後、「実践事例発表」ということで、県ユース・リーダーの活動についてプレゼンをしました。

今年8月11~13日に行われました「東海北陸ジュニア・リーダー研修大会福井大会」の総括3名が、県ユース・リーダーを代表して発表しました。

ユース・リーダーが子ども会を引っ張る先輩として、自分たちが身に着けたノウハウをジュニア・リーダーに研修大会を通して伝えていっているのかを、具体的な活動を通して説明していました。


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

記念講演では、林 修 氏 が『「やりたい事」と「できる事」』という演台で講演をしていただきました。


 

 

 

 

 

 

これからの時代を生き抜くために、とても重要なことを話してくださいました。

十代、二十代の若者が何人もいましたので、これからの人生を歩むにあたって、自分の道を選ぶときに、大いに参考になったのではないかと思います。

ロビーには、福井県子連が力を入れています「壁新聞コンクール受賞作品」を掲示しました。

夏休み期間に、各地区の子ども会が地区のことを調べて、壁新聞にまとめたものです。


 

 

 

 

 

下の写真の約60名近いスタッフが、本事業を企画運営しました。


 

 

 

 

 

この式典を契機に、これからの10年間も、地域の子どもたちのよりよい成長のために、さらに努力・協力をしていきたいと意を新たにしました。

 

 

 

 

 

コメントを書く


コメント内容


▲このページの先頭へ