KYT指導者育成講座

子ども会KYT指導者養成講座

KYTとは、危険(KIKEN)予知(YOCHI)トレーニング(TRANING)の略です。
イラストシートを使って、作業や活動の中に潜む「危険」と、それが引き起こす「事故」を小グループで話し合い、分かりあって、実際に行動する前に、ごく短時間で危険のポイントや行動目標を決定し、その危険要因を解決する訓練です。

  1. 〔初級〕
    子ども会活動の安全・安心を目指し、子ども会KYT指導者養成講習会を開催する。全子連発行、「こうしてすすめよう子ども会KYT」「「こうしてすすめよう子ども会KYT2-みつけたキケンくん」を使用し、各地区単位で実施・運営する。子どもたちが自ら安全に活動する為の学習を広めることにより、子ども会活動における事故、怪我等の減少を図ります。
  2. 〔中級〕
    初級講習会より一歩進み、安全教育全般に関して学習する。対象者により分かりやすいKYT講習の手法を学ぶと共に、子ども会KYT指導者養成講習会初級の講師が務められるスキルを目指します。
▲このページの先頭へ