事業報告

登米市で!!子ども育成フォーラム

栗駒おろしの厳しい風の吹く11月18日(日)午後1時より、登米市中田農村環境改善センターを会場に平成24年度子ども育成フォーラムが開催されました。

米市内をはじめ県内各地より70名ほどの方々にご参加いただきました。
基調講演は、“~みやぎの志教育をめざして~”をテーマに、登米市立石越小学校 佐藤謙一校長の「青少年の体験活動と自立について」と題し、
青少年期の体験活動がその後の生活に大きく関わってくるという趣旨のお話でした。

その後、登米市の米山丸山太鼓代表の久保康宏氏が太鼓演奏を通じ地域の子どもたちと親たちとの関わりを「子育て・親育て」と題して発表を行いました。
当日は子どもたちが栗原市で開催された「東北和太鼓共演大会」に出場中で、その審査結果が気になるところでしたが、見事に優勝との連絡が入り会場の皆さんから喜びの拍手が起こりました。
また、南方教育事務所の木村和志氏から「南方地域の子ども会活動の様子」と、ジュニア・リーダー高橋勝太氏の「南方ボランティアサークル天の川」の活動の報告も併せて行われました。

会場には登米市内の子ども会やジュニア・リーダーの活動状況がパネルで展示されておりました。
今回のフォーラムは「登米市子ども会育成会連絡協議会」(熊谷卓郎会長)に準備・運営を行っていただきました。関係者のみなさまに心より感謝申し上げます。
平成25年度は栗原市での開催を予定しております。ぜひ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

~迫力のある太鼓演奏のようす~

~迫力のある太鼓演奏のようす~

~パネル展示~

~パネル展示~

▲このページの先頭へ