子ども会ってな~に?

子ども会とは

子ども会とは写真

子どもの手による子どものための活動グループです

◆ 近所の子どもたちと、あそび中心に集団活動をします。

◆ みんなで考え、みんなで話し合って、楽しく活動します。

◆ 幼児から高校生までと、それを支える大学生、育成者の異なった年齢集団で活動します。

子ども会では何が育ちますか?

異年齢の交流の中から結果として、次のことがいっそう育っていきます。
 
● 仲間と生きる心 / 友達がたくさんでき、力を合わせて何かができる喜びを体験する。

● 協調する心 / あそびの中からルールを守り、正しく判断できることを学ぶ。

● 自分を知る心 / 話し合いの中から、自分を知り、自信と自発性が育つ。

● 人を思いやる心 / 活動のなかから人の痛みを知り、我慢する心を育てる。
  年長者が年少者のお世話ができる。

● 創造する心 / つくる・考える楽しさから、やる気が育つ。

● ボランティアの心 / 町内の清掃・共同募金参加などの活動から、ボランティアの心を学ぶ。

子ども会ではどんな活動をしていますか?

それぞれの子ども会で、独自性をもって地域の実情にあった活動をしています。

● 野外活動 / キャンプ・スポーツ大会・遠足・雪像作り・スケート・スキー・スノーキャンドル作りなど。

● 室内行事 / クリスマス会・新年お楽しみ会・おもちつき・お誕生会・ゲーム大会・お料理会など

● 各区支部の行事 / 子どもまつり・子ども会サミット・他都市との交流など。

子ども会のリーダー育成

●各区小学5年生から中学3年生までを対象に、ジュニアリーダー(養成・初級・中級)を養成しています。

●高校生を対象に、ジュニアリーダー上級研修生を養成しています。

●子ども会の会員以外の方でも参加することができます。

子ども会を作るには?

●各区支部子ども会事務局までご相談ください。

子ども会登録の費用は?

区 分 団体会費 個人会費
札子連会費 3,000円 かかりません。
安全会会費 かかりません。 1人 120円

事故が起きたときの制度

● 子ども会には全国子ども会連合会の安全共済制度があります。

● 1人年間120円を納めることで、活動中およびその行き帰りに起きた事故に対して共済見舞金が出ます。

● 120円のなかには賠償責任も含まれています。

子ども会のお世話は誰がするのですか?

● 子ども会を支える育成者が行います。

● リーダーを育て、リーダー中心の活動が理想です。

札子連に加入していない子ども会、又は子ども会のない地域について

● 札子連では(この指とまれ事業として)未加入子ども会や子ども会のない地域にも指導員を派遣しています。

● 指導員は札子連のジュニアリーダー及びジュニアリーダー上級研修生(高校生以上)です。

● 指導内容や人員については本部事務局または各区支部事務局にお問い合せください。

札子連事業の参加について

子ども会の会員の方はもちろん、それ以外の方も札子連の事業に参加できます。お問い合せ、お申込は、各区区民センターにある札子連事務局か本部事務局までお願いします。

▲このページの先頭へ