2019年7月2日
ケガ防止指導者養成講習会で学びました。

6月30日(日)ユーカル鯖江において、全子連による「子どもの体験活動における『ケガ防止対策』指導者養成講習会」を開催し、県役員を含めて44名が参加しました。次の写真は、ケガの発生要因として姿勢(ひざと足先、ひじと肩)の関連について学んだあと、自分のひざと足をチェックしているところです。

立ち姿もケガと関連があるので、早速チェックしました。

ケガをしない体づくりのための栄養学について学んだあと、午後は体育館でストレッチなどの実習をしました。

ストレッチングで十分に体を伸ばしてから、スタティスティックストレッチング、バリスティックトレーニング、コンビネーショントレーニングを実習しました。参加者の皆さんの歓声や笑顔が印象的でしたね。

閉講式では、参加者代表に修了書を渡しました。今日は、何気ない姿勢や重心の置き方、食べ物などとケガ防止との関連を専門的に学んだり、ストレッチングやトレーニングの指導のポイントを教えてもらったので、本当に有意義で楽しい一日でした。

▲このページの先頭へ