新年のごあいさつ


             熊本市子ども会育成協議会 会長 山本一郎

 熊本市子ども会育成協議会会員の皆様には、健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
日頃から当協議会(市子協)の活動に深いご理解と多大のご協力を賜り、また、子どもたちの健全育成のために多様な活動をされ子ども会の発展にご尽力いただいておりますことに対して、厚くお礼申し上げます。
 昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大により日常生活が深刻な影響を受けました。市子協も予定していた行事の自粛を余儀なくされ、活動が縮小されたり、書面での会議開催になったりしました。 単位子ども会におかれましても活動に苦慮され、市子協にいろんなご相談が寄せられました。コロナ禍の中で他の子ども会はどんな活動をしているかというお尋ねも多くありました。
 そこで、途中からではありましたが、単位子ども会に働きかけ、寄せられた活動内容を市子協のホームページで広く紹介することにしました。そのホームページを見て、「この活動はコロナ対策をしたらこの様に実施出来るのだ」と参考にして実施された子ども会もありました。子ども会活動のやり方は一変しましたが、そこには新たな様々な工夫が生み出されました。単位子ども会育成会の皆様が子どもたちにかける愛情の深さ、熱意、ご努力によるものだと思います。
 本年も、ホームページを活用して、単位子ども会同士、あるいは、単位子ども会と市子協の絆を強め、子ども会活動の活性化のお手伝いが出来ればと思います。
 また、「子ども会活動のあり方」、「子ども会活動の実践」についてのプレゼンテーションでの研修のお手伝いも出来ます。どうぞこれからも気軽に市子協をご利用ください。単位子ども会の発展と子どもたちの健やかな成長に寄与することが市子協の使命だと思います。
 なお、市子協の行事のジュニア・リーダー研修会やキャンプ、子ども会大会等も予定しております。
本年も市子協の活動になお一層のご支援とご協力を賜りますようお願いいたします。
 最後になりましたが、皆様にとりまして幸多き一年となりますよう祈念いたしまして新年のごあいさつといたします。      
                                     令和3年1月

▲このページの先頭へ