子ども会ってどんなところ?

子ども会とは、子どもの手による子どものための活動グループです。
子どもたちが「遊び」を中心に楽しくグループ活動をします

どんな組織?

・子どもは乳幼児(0歳)から高校生相当年齢まで会員になれます。
・地域の若者や大人(育成者)など、いろいろな年齢の人々が子ども会活動を支えています。
・また、ほかの地域の子どもや大人とも一緒に活動することもあります。

札幌市の子ども会は平成25年4月に公益社団法人札幌市子ども会育成連合会となっています。本部のほか10区に支部を置き、約450の単位子ども会で構成されています。
札幌市の約20,000人の子どもと約8,000人の育成者が活動しています。

どんな活動をしているの?

区や地域の特性を生かして様々な事業・活動を行っています。

◆ 札幌市子ども会の事業


大志塾(5~9月:全4回)、子ども大会(10月)、サイエンスキッズ(7月・11月)など札幌市内の小学生を対象に行っています。

〇平成29年度の子ども大会(写真:右)
札幌市内の子ども10人ほどでチームを作り、10個のゲームを攻略します!

◆ 区支部子ども会の事業



子どもを対象としたおまつりや、クラフトやスポーツ、むかし遊び等のワークショップを行う「子どもの居場所づくり」事業、野外の活動を体験する「子ども会学校」事業などを、各区内の小学生以上を対象に行っています。

〇白石区「子どもの居場所づくり」の様子(写真:上)
市販のお菓子を使って、お菓子のおうちを作りました。
〇清田区「子ども会学校」(写真:右)
ボート体験をしました。

下記のリンク先では区の子ども会で行っている活動をご紹介しています!
中央区/北区/東区/白石区/厚別区/豊平区/清田区/南区/西区/手稲区

◆ 単位子ども会の事業

地域の特性を生かして、お泊まり会やクリスマス会などさまざまな事業、活動を行っています。

子ども会ではどんな良いことがあるの?



学校とは異なる「遊び」中心とした体験を通して、人への思いやりやチャレンジする心、仲間と力を合わせる喜びを育み、考える楽しさや活動のルールなどを学びます。

会費はかかるの?

◆ 子ども会では、安心して子ども会活動を行うために、年額120円の会費をいただいております。
◆ 会費は、公益社団法人全国子ども会連合会への保険料(安全共済会費)と運営費で、下記保険が適用されます。
◆ また、子ども会によって別途、年会費・行事費をいただく場合があります。

安全共済会とは

◇ 子ども会主催事業で、お子さんが怪我や疾病等の事故に合われた場合に、一定の要件・範囲で補償を受けられます。
◇ 子ども会主催事業で、お子さんが第三者にケガを負わせたり、物を壊したりしたときなど、一定の要件・範囲で補償を受けられます。

詳しくはお住まいの区の子ども会事務局までお問い合わせください。

子ども会への入会をご希望の方は

まずはお住まいの地域にある子ども会事務局へお問い合わせください!

各支部事務局へのお問い合わせはこちらから
お住まいの地域からお近くの単位子ども会をご紹介いたします。
子ども会がお近くの地域にない場合は、それぞれの区で設けている受け皿となる子ども会をご紹介いたします。

その後は子ども会代表の育成者とご連絡を取っていただき、入会の手続きへと進んでいただきます。
※その場合、子ども会によっては会費が必要なこともあります。

育成者(ボランティアスタッフ)募集中!

近年は、残念ながら子どもや育成者の減少などの理由から子ども会が少なくなってきています。
札幌市子ども会育成連合会では、子ども会事業のボランティアスタッフを随時募集しています!

◇ 子どもと接することが好きな方
◇ お祭りやキャンプが好きな方
◇ ボランティアとして地域に貢献したい方
◇ 色々な人との交流が好きな方

ぜひ育成者として活躍してみませんか??
詳細はお住まいの区の子ども会事務局までお問い合わせください!

▲このページの先頭へ