運営方針

平成29年度 一般社団法人神奈川県子ども会連合会 運営方針
『単位子ども会の活性化』
 ~関東甲信越静地区子ども会育成研究協議会を成功させて
            子ども会活動に活かせる神奈川大会にしよう~

一般社団法人神奈川県子ども会連合会

会  長   山  上  武  久

Ⅰはじめに

 本連合会は、神奈川県子ども会連絡協議会として昭和35年12月7日に設立され、(社)全国子ども会連合会・神奈川県のご指導により神奈川県域子ども会連絡協議会・神奈川県子ども会連合会を経て、平成21年12月1日新法人法による全国第一号となる「一般社団法人神奈川県子ども会連合会」(以下神子連)を設立いたしました。
  「子どもは地域で育つ」」という地域力の原点の考え方から平成27年度より、安全共済会の加入資格の年齢制限が撤廃され0歳児から加入可能となりました。専門知識を持った指導者の方を含めて地域にお住まいのすべての方が加入可能となりましたことにより、子ども会は地域全体を網羅した組織となります。このことにより、従来以上に安全教育の必要性が高まりました。市町村子連においては、必ず安全教育を実施することをお願いいたします。
 また、本年度は、関東甲信越静地区子ども会育成研究協議会(以下関ブロ育成研)を本連合会が主管して開催されます。スローガンを「日本一幸せな子ども会をつくろう」、キーワードを「育成者が幸せなら幸せな子ども会はつくれる」のもと単位子ども会に焦点を当てた取り組みを展開いたします。「育成者が満足することをする」「一番幸せな役員になろう」という考え方をテーマの中身に据え、単位子ども会の活性化を目指す協議をいたします。会員の皆様には新神奈川方式の関ブロ育成研へのご理解と啓蒙をいただけますようご協力をお願いいたします。

 一般社団法人神奈川県子ども会連合会の理念の下に本年も素晴らしい活動を推進、展開していきますので皆様のご協力をお願いいたします。

             ☆☆☆ 一般社団法人神奈川県子ども会連合会の理念 ☆☆☆

一般社団法人神奈川県子ども会連合会は、「こどもの夢」と「生きる力」を育み「しなやかな子ども」を育てることを育成活動の柱とし、自ら判断する力を育てることを目的としており、子どもたちの豊かな未来のために活動を進めます。
            *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
子どもの遊びは、仲間と生きる力、課題を解決する力を身につけるとともに、身体を作り、心の解放につながります。子ども会のこの遊びの持つ有効性をとらえ、組織的に子どもの心身の成長発達を促すところです。




Ⅱ事業方針

【全員参加の神子連組織の確立】

1.関ブロ育成研の成功を目指して、企画・準備を強力に推進します。
2.各市町村子連と神子連の安定運営を図り、子ども会セーフティーガードである安全共済会の安定運営のためにも地域の全ての方が加入可能となりましたので、会員皆様のご協力をいただきながら会員増強をさらに進めます。
3.市町村子連代表者が率先して「子ども会の存在と役割の重要性」を発信していただき、地域の方と共に、「地域丸ごと子ども会」を目指します。
4.全市町村にジュニアリーダー組織の設立を目指します。
5.全子連と連動した事業(研修会)を企画して、組織の活性化を図ります。
6.組織全体の運営について見直しと研究をして運営の合理化を図ります。
7.将来の会員・財政について、中期・長期計画を策定します。

【指導者養成部会】

1.関ブロ育成研の成功を目指して、企画・準備を強力に推進します。
2.ジュニアリーダーの組織と運営についてさらなる充実を図ります。
3.全子連シニアリーダー研修会に参加し、その成果を県子連シニアリーダーズクラブおよび各市町村のジュニアリーダーの指導に応用し、ジュニアリーダーのグレードアップと活性化を図ります。
4.育成者に役立つ養成講座を開催します。

【安全教育部会】

1.関ブロ育成研の成功を目指して、企画・準備を強力に推進します。
2.安全教育の充実を図ります。安全共済会のスムーズな運営がなされる中で安全教育をさらに推進し、事故の減少や事故を未然に防ぐことを全県的な取り組みとします。
3.安全啓発初級研修会を開催し、全市町村子連の安全教育担当者をはじめ単位子ども会に最低1人の修了者の確保ができる子ども会体制を目指します。
4.安全啓発指導者養成を推進し、講師体制を確立します。

【広報部会】

1.関ブロ育成研の成功を目指して、企画・準備を強力に推進します。
2.広報活動を強力に推進し、マスコミ・市町村を経由した子ども会PR活動を展開し会員増強の一助とします。
3.全子連と連動したHPの活用をすることにより、子ども会活動を全県民に提供する方策を確立します。

以上

▲このページの先頭へ