会長あいさつ

日ごろは、(一社)神奈川県子ども会連合会や所属する地域の子ども会にご理解とご支援を賜り、心より感謝申し上げます。
 私は令和2年5月に、山上会長の後任として(一社)神奈川県子ども会連合会の会長に就任いたしました橋本輝夫と申します。山上前会長同様によろしくお願いいたします。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、子ども会活動が困難な状況ですが、活動の再開と子どもたちの成長や笑顔が見られる日を願っております。暫くは従来の子ども会活動を同じように再開することも難しい状況ですから、「新しい生活様式」等を活動に取り入れながら活動を再開していく必要があります。
 社会環境・状況や考え方の変化に伴い、子ども会や子ども会活動にも変化が生じ、子ども会でも課題が取り上げられています。子どもたちは、学校、家庭、地域で育てられていますが、地域のなかでも子ども会が重要であることに変わりはありません。
子どもたちの成長のために、下記の「子ども会活動の基本的な考え」を忘れずに、子どもたちの育成のために子ども会の発展と活性化に尽くす所存でおります。

【子ども会の重要性】
子ども会は学校や家庭以外の地域のなかで、近所の年齢の違う子ども達との遊びや体験・スポーツ・文化・レクリエーション・社会活動などの集団活動を行い、子どもは思い出を残したり、いろいろな知識・能力・社会生活上のルールを学び、身につけながら成長していくために大きな役割を果たしています。

【子ども会の課題】
1、取り上げられる3つの課題
 1)会員の減少
 2)役員のなり手不足
 3)子ども会の休会

2、子ども会は3つの課題を改善、解決して、子どもたちのために子ども会を継続していく共通の基本的なことは「楽しい子ども会を作ること」です。

【子ども会活動に関して大事な3つのこと】
1、子どもの立場を尊重する。

2、信頼関係をつくる(子どもと役員との関係、役員と役員との関係、県・市町村子連と各子ども会役員との関係)。

1)信頼関係をつくるためには、コミュニケーション(社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと・・一方通行ではなく)をとる。

2)コミュニケーションをとるためには・・挨拶をする、相手の立場を尊重する、話し合ったり相談をする、相手の意見を聞く、自分の意見を伝える(反対する場合は理由を話す)、相手の責任だけを求めない、子供たちや役員の方に 関心を持つなど。

3、子ども会活動を難しく、義務だと考えないで今の役員で出来る事を皆で協力して楽しく行う。

以上の考えを基本として、(一社)神奈川県子ども会連合会の役員・事務局一同、心を一つにして子どもたちのために活動してまいりますので、関係各位のご協力をよろしくお願い申し上げます。

《お知らせ》子ども会未加入者の皆さん 子ども会に入りませんか
(一社)神奈川県子ども会連合会に所属する県内の単位子ども会では、子ども会会員の加入について、いつでも受付をしております。入会を待っています。

【問い合わせ先】
 (一社)神奈川県子ども会連合会
  〒241-0815 横浜市旭区中尾2-1-14
  TEL 045-365-3424
  E-mail kodomokai@aioros.ocn.ne.jp

「今こそ子ども会、楽しい子ども会」を目指して!!



一般社団法人 神奈川県子ども会連合会
会  長   橋 本  輝 夫

▲このページの先頭へ