会長挨拶

 会長 大鹿 良夫

 会長 大鹿 良夫

平成27年度 事業・活動方針

 「埼玉県子ども会育成連絡協議会」は、平成27年4月1日さいたま地方法務局で登記完了し、「一般社団法人埼玉県子ども会連合会」として新たにスタートしました。これからは、定款に基づいて諸規程や会計など検討すると共に、法人組織体制の整備を図っていきます。
 ところで、本連合会の大きな課題は「組織の活性化」と考えます。法人化を機会に新たな行動を起こし、会員の皆様にも「埼子連は変わったな」と言っていただけるようにしていきたいと存じます。また、来年度には本県を会場に関東甲信越静地区ジュニア・リーダー大会が開催されます。お越しいただいた皆様に満足していただけるよう、その準備を進めていきます。
そこで、次のことを重点的に取り組んで、組織の活性化を図っていきます。

1 情報を通して組織の活性化をし、魅力ある子ども会活動の育成を図る。
・理事会における情報を市区町子連まで、ブロック・支部組織を通して情
 報の共有ができるようにする。
2 ブロック・支部の組織を生かし、研修会への参加啓発を図る。
・第2回集団指導者養成研修会、第7回育成者研修会、KYT初級指導者
 講習会、ジュニア・リーダー上級資格認定研修会の参加者を増やす。
3 会計に関する情報公開の詳細化を図る。
・勘定科目 サブ科目を工夫して、行事等の会計公開を推進する。 
・理事会毎に会計報告をし、会計を通して事業等の充実化を推進する。
4 彩の国21世紀郷土かるた県大会の広報をとおして、仲間づくりと郷土愛
に溢れた子供の育成を図る。
・広報誌におけるかるたの普及・啓発をする。
・理事会で対策を協議し、組織を生かしてかるた販売を推進する。
5 関東甲信越静地区ジュニア・リーダー大会の計画・進展を図る。
・理事会、指導研修部、SSLCの組織を生かして準備を推進する。

スローガン
   (一社)埼玉県子ども会連合会
      楽しい有意義な子ども会をつくろう。
      学び、実践する指導者・育成者になろう。
      子ども会活動の安全と活性化を図ろう。
   (一社)埼玉県子ども会連合会ジュニア・リーダー 
      燃えよう 太陽のように!
      ひろげよう 活動の輪を!
      つなげよう 友情の輪を!

▲このページの先頭へ